キービジュアル

設備調査

普段目に見える部分ではない為、外壁などほかの部分と比較して管のトラブルへの意識は薄く、対応も後手に回りがちです。
生活する上では大変重要な部分であるため、トラブルによる支障への早めの対処をお勧めいたします。
配管がどのくらい傷んでいるか知る事は非常に重要なことです。

内視鏡調査

配管の非破壊調査でよく使用されるのが、内視鏡(ファイバースコープ)です。
室内の蛇口などを外し、管の細部の状況を観察し、撮影する方法です。

  • 参考イメージ
  • 参考イメージ
  • 参考イメージ

抜管調査

使用されている配管を部分的に切断したものを、縦割りにして、サンプルにします。機械で内部を見る他の調査と異なり、実際手に取って管内の劣化状況を確認する事が出来ます。

  • 参考イメージ
  • 参考イメージ
  • 参考イメージ

トップ